Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere C API リファレンス » sacapi.h

 

sqlany_connect 関数

指定された接続オブジェクトと接続文字列を使用して、SQL Anywhere データベース・サーバへの接続を作成します。

構文
sacapi_bool sqlany_connect( a_sqlany_connection * conn, const char * str )
パラメータ
  • conn   sqlany_new_connection によって作成された接続オブジェクト。

  • str    SQL Anywhere 接続文字列。

戻り値

接続が確立された場合は 1、接続が失敗した場合は 0。sqlany_error を使用してエラー・コードとエラー・メッセージを取得します。

参照
 a_sqlany_connection * conn;
   conn = sqlany_new_connection();
   if( !sqlany_connect( conn, "uid=dba;pwd=sql" ) ) {
        char           reason[SACAPI_ERROR_SIZE];
        sacapi_i32     code;
        code = sqlany_error( conn, reason, sizeof(reason) );
        printf( "Connection failed. Code: %d Reason: %s\n", code, reason );
   } else {
        printf( "Connected successfully!\n" );
        sqlany_disconnect( conn );
   }
   sqlany_free_connection( conn );