Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere C API リファレンス » sacapi.h

 

sqlany_get_data 関数

指定されたカラムのためにフェッチしたデータを取り出し、指定されたバッファのメモリに格納します。

構文
sacapi_i32 sqlany_get_data( a_sqlany_stmt * stmt, sacapi_u32 col_index,
  size_t  offset,  void * buffer,  size_t  size  )
パラメータ
  • stmt   sqlany_execute または sqlany_execute_direct によって実行された文オブジェクト。

  • col_index   取り出すカラムの数。カラムの数は、0 ~ sqlany_num_cols() - 1 の間です。

  • offset   取得するデータの開始オフセット。

  • buffer   カラムの内容を格納するバッファ。コピーされるデータ型に応じてバッファ・ポインタのアラインメントを適切に行う必要があります。

  • size   バッファのサイズ (バイト単位)。指定したサイズが 2 GB より大きいと、関数は失敗します。

戻り値

指定されたバッファにコピーされたバイト数。この値は 2 GB を超えることはありません。0 は、コピーすべきデータが残っていないことを意味します。-1 は失敗を示します。

参照