Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere の配備 » データベースとアプリケーションの配備 » 管理ツールの配備 » Linux、Solaris、Mac OS X における管理ツールの配備

 

手順 5 :Sybase Central 用の接続プロファイルを作成する

この手順では Sybase Central を設定します。Sybase Central をインストールしない場合は、省略できます。

Sybase Central がシステムにインストールされている場合は、SQL Anywhere 11 Demo の接続プロファイルが .scRepository600 ファイルに作成されます。1 つ以上の接続プロファイルを作成しない場合は、この手順を省略できます。

次に示すのは、SQL Anywhere 11 Demo 接続プロファイルを作成するために使用されたコマンドです。独自の接続プロファイルを作成するときのモデルとして使用してください。

scjview -write "ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/Name" "SQL Anywhere 11 Demo"
scjview -write "ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/FirstTimeStart" "false"
scjview -write "ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/Description" "Suitable Description"
scjview -write "ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/ProviderId" "sqlanywhere1100"
scjview -write "ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/Provider" "SQL Anywhere 11"
scjview -write "ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/Data/ConnectionProfileSettings" "DSN\eSQL^0020Anywhere^002011^0020Demo;UID\eDBA;PWD\e35c624d517fb"
scjview -write "ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/Data/ConnectionProfileName" "SQL Anywhere 11 Demo"
scjview -write "ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/Data/ConnectionProfileType" "SQL Anywhere"

接続プロファイルの文字列と値は、.scRepository600 ファイルから抽出できます。Sybase Central で接続プロファイルを定義し、.scRepository600 ファイルの対応する行を確認します。

前述の処理で作成された .scRepository600 ファイルの一部を次に示します。エントリの一部は、表示のために複数行に分割されています。ファイルでは、各エントリは 1 行に表示されます。

#  Version: 6.0.0.1154
#  Fri Feb 23 13:09:14 EST 2007
#
ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/Name=SQL Anywhere 11 Demo
ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/FirstTimeStart=false
ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/Description=Suitable Description
ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/ProviderId=sqlanywhere1100
ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/Provider=SQL Anywhere 11
ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/Data/ConnectionProfileSettings=
    DSN\eSQL^0020Anywhere^002011^0020Demo;
    UID\eDBA;
    PWD\e35c624d517fb
ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/Data/ConnectionProfileName=
    SQL Anywhere 11 Demo
ConnectionProfiles/SQL Anywhere 11 Demo/Data/ConnectionProfileType=
     SQL Anywhere