Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » データベースにおける Java » SQL Anywhere での Java サポート

 

Java VM の選択

Java VM の場所を検出できるようにデータベース・サーバを設定します。データベースごとに異なる Java VM を指定できるため、ALTER EXTERNAL ENVIRONMENT 文を使用して Java VM の ロケーション (パス) を指定できます。

ALTER EXTERNAL ENVIRONMENT JAVA
LOCATION 'c:\\jdk1.5.0_06\\jre\\bin\\java.exe';

このロケーションを設定しないと、データベース・サーバは次のように Java VM のロケーションを検索します。

  • JAVA_HOME 環境変数を確認します。

  • JAVAHOME 環境変数を確認します。

  • パスを確認します。

  • パスに情報が設定されていない場合、エラーが返されます。

ALTER EXTERNAL ENVIRONMENT 文を参照してください。

注意

JAVA_HOME および JAVAHOME 環境変数は、Java VM のインストール時に作成されます。どちらもない場合は、これらの環境変数を手動で作成し、Java VM のルート・ディレクトリを示すように設定できます。ただし、ALTER EXTERNAL ENVIRONMENT 文を使用している場合は必要ありません。

♦  Java VM (Interactive SQL) のロケーションを指定するには、次の手順に従います。
  1. Interactive SQL を起動して、データベースに接続します。

  2. [SQL 文] ウィンドウ枠で、次の文を入力します。

    ALTER EXTERNAL ENVIRONMENT JAVA
    LOCATION 'path\\java.exe';

    path は Java VM のロケーション (c:\\jdk1.5.0_06\\jre\\bin など) を示します。

ALTER EXTERNAL ENVIRONMENT を使用して、クラスをインストールしたりその他の Java 関連の管理タスクを実行したりするために使用する接続用のデータベース・ユーザを指定することもできます。

ALTER EXTERNAL ENVIRONMENT JAVA 
    USER user_name

詳細については、ALTER EXTERNAL ENVIRONMENT 文を参照してください。

Java VM の起動に必要な追加コマンド・ライン・オプションを指定するには、java_vm_options オプションを使用します。

SET OPTION PUBLIC.java_vm_options='java-options';

詳細については、java_vm_options オプション [データベース]を参照してください。

データベースで Java を使用する際に、Java Runtime Environment (JRE) がインストールされていない場合は、任意の Java JRE をインストールして使用することができます。JRE をインストールしたら、その JRE のルートを指すように JAVA_HOME または JAVAHOME 環境変数を設定することをおすすめします。ほとんどの Java インストーラでは、どちらか 1 つの環境変数をデフォルトで設定します。JRE がインストールされ、JAVA_HOME または JAVAHOME が適切に設定されれば、追加の手順を実行しなくても、データベースで Java を使用できるようになります。