Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere ODBC API

 

データ・アラインメントの要件

SQLBindCol、SQLBindParameter、または SQLGetData を使用する場合、カラムまたはパラメータには C データ型が指定されます。プラットフォームによっては、指定された型の値をフェッチまたは格納するために、各カラム用のストレージ (メモリ) を適切にアラインする必要があります。次の表は、Sun Sparc、Itanium-IA64、ARM ベースのデバイスなどのプロセッサに対するメモリ・アラインメント要件を示したものです。

C のデータ型 必要なアラインメント
SQL_C_CHAR なし
SQL_C_BINARY なし
SQL_C_GUID なし
SQL_C_BIT なし
SQL_C_STINYINT なし
SQL_C_UTINYINT なし
SQL_C_TINYINT なし
SQL_C_NUMERIC なし
SQL_C_DEFAULT なし
SQL_C_SSHORT 2
SQL_C_USHORT 2
SQL_C_SHORT 2
SQL_C_DATE 2
SQL_C_TIME 2
SQL_C_TIMESTAMP 2
SQL_C_TYPE_DATE 2
SQL_C_TYPE_TIME 2
SQL_C_TYPE_TIMESTAMP 2
SQL_C_WCHAR 2 (すべてのプラットフォームでバッファ・サイズは 2 の倍数であることが必要)
SQL_C_SLONG 4
SQL_C_ULONG 4
SQL_C_LONG 4
SQL_C_FLOAT 4
SQL_C_DOUBLE 8
SQL_C_SBIGINT 8
SQL_C_UBIGINT 8

x86、x64、および PowerPC プラットフォームではメモリ・アラインメントは必要ありません。x64 プラットフォームには、Advanced Micro Devices (AMD) AMD64 プロセッサや Intel Extended Memory 64 Technology (EM64T) プロセッサなどがあります。