Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » Ruby 用 SQL Anywhere » SQL Anywhere Ruby API

 

sqlany_error

接続オブジェクトに最後に格納されたエラー・コードとエラー・メッセージを返します。

構文
sqlany_error ( $conn )
パラメータ
  • $conn   sqlany_new_connection から返された接続オブジェクト。

戻り値

2 要素の配列を返します。最初の要素は SQL エラー・コード、2 番目の要素はエラー・メッセージ文字列です。

エラー・コードでは、正の値が警告、負の値がエラー、0 が成功を示します。

参照
code, msg = api.sqlany_error( conn )
print "Code=#{code} Message=#{msg}\n"