Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » Ruby 用 SQL Anywhere » SQL Anywhere Ruby API

 

sqlany_free_stmt

文オブジェクトに関連付けられているリソースを解放します。

構文
sqlany_free_stmt ( $stmt )
パラメータ
  • $stmt   sqlany_prepare または sqlany_execute_direct の実行によって返された文オブジェクト。

戻り値

NULL を返します。

参照
stmt = api.sqlany_prepare(conn, "UPDATE Contacts
     SET Contacts.ID = Contacts.ID + 1000
     WHERE Contacts.ID >= ?" )
rc, param = api.sqlany_describe_bind_param( stmt, 0 )
param.set_value(50)
rc = api.sqlany_bind_param( stmt, 0, param )
rc = api.sqlany_execute( stmt )
rc = api.sqlany_free_stmt( stmt )