Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere でのプログラミングの概要 » アプリケーションでの SQL の使用 » SQL Anywhere のカーソル » SQL Anywhere のカーソルの要求

 

ADO/OLE DB と ODBC

次の表は、スクロール可能な各種の ODBC カーソル・タイプに応じて設定されるカーソル感知性を示します。

ODBC のスクロール可能なカーソル・タイプ SQL Anywhere のカーソル
STATIC Insensitive
KEYSET-DRIVEN Value-sensitive
DYNAMIC Sensitive
MIXED Value-sensitive

MIXED カーソルを取得するには、カーソル・タイプを SQL_CURSOR_KEYSET_DRIVEN に指定し、SQL_ATTR_KEYSET_SIZE でキーセット駆動型カーソルのキーセット内のロー数を指定します。キーセット・サイズが 0 (デフォルト) の場合、カーソルは完全にキーセット駆動型になります。キーセット・サイズが 0 より大きい場合、カーソルは mixed (キーセット内はキーセット駆動型で、キーセット以外では動的) になります。デフォルトのキーセット・サイズは 0 です。キーセット・サイズが 0 より大きく、ローセット・サイズ (SQL_ATTR_ROW_ARRAY_SIZE) より小さいとエラーになります。

SQL Anywhere のカーソルと動作については、SQL Anywhere のカーソルを参照してください。

ODBC でのカーソル・タイプの要求方法については、ODBC カーソル特性の選択を参照してください。

例外

STATIC カーソルが更新可能なカーソルとして要求された場合は、代わりに value-sensitive カーソルが提供され、警告メッセージが発行されます。

DYNAMIC カーソルまたは MIXED カーソルが要求され、ワーク・テーブルを使用しなければクエリを実行できない場合、警告メッセージが発行され、代わりに asensitive カーソルが提供されます。