Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere PHP API » SQL Anywhere PHP API リファレンス » 廃止予定の PHP 関数

 

sqlanywhere_pconnect (旧式)

プロトタイプ
resource sqlanywhere_pconnect(  string con_str  )
説明

この関数は使用されなくなりました。代わりに、PHP 関数sasql_pconnectを使用してください。

SQL Anywhere データベースへの永続的な接続を確立します。sqlanywhere_connect の代わりに sqlanywhere_pconnect を使用すると、Apache が子プロセスを生成する方法に応じて、パフォーマンスが向上することがあります。場合によって、永続的な接続では、接続プーリングと同様にパフォーマンスが向上します。データベース・サーバに接続数の制限がある場合 (たとえば、パーソナル・データベース・サーバで同時接続の数を 10 に制限)、永続的な接続を使用するには注意が必要です。永続的な接続はそれぞれの子プロセスにアタッチされるので、使用可能な接続数を超えた子プロセスが Apache にあると、接続エラーが発生します。

パラメータ

con_str   SQL Anywhere によって認識される接続文字列。

戻り値

成功の場合は正の SQL Anywhere 永続リンク識別子、失敗の場合はエラーまたは 0。

次の例では、結果セットのすべてのローを取得する方法を示します。各ローは配列として返されます。

$conn = sqlanywhere_pconnect( "UID=DBA;PWD=sql" );
関連する関数