Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere Python データベース・サポート » sqlanydb を使用する Python スクリプトの作成

 

データの選択

開かれた接続へのハンドルを取得したら、データベースに格納されているデータにアクセスして修正できます。最も単純な操作は、おそらくいくつかのローを取得して出力することです。

cursor メソッドは、開いている接続にカーソルを作成するために使用します。execute メソッドは、結果セットを作成するために使用します。fetchall メソッドは、この結果セットからローを取得するために使用します。

import sqlanydb

# Create a connection object, then use it to create a cursor
con = sqlanydb.connect( userid="DBA", 
                        password="sql" )
cursor = con.cursor()

# Execute a SQL string
sql = "SELECT * FROM Employees"
cursor.execute(sql)

# Get a cursor description which contains column names
desc = cursor.description
print len(desc)

# Fetch all results from the cursor into a sequence, 
# display the values as column name=value pairs,
# and then close the connection
rowset = cursor.fetchall()
for row in rowset:
    for col in range(len(desc)):
        print "%s=%s" % (desc[col][0], row[col] )
    print
cursor.close()
con.close()