Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere Embedded SQL

 

SQLDA (SQL descriptor area)

SQLDA (SQL Descriptor Area) は動的 SQL 文で使用されるインタフェース構造体です。この構造体で、ホスト変数と SELECT 文の結果に関する情報を、データベースとの間でやりとりします。SQLDA はヘッダ・ファイル sqlda.h に定義されています。

データベースのインタフェース・ライブラリまたは DLL には SQLDA の管理に使用できる関数が用意されています。詳細については、ライブラリ関数のリファレンスを参照してください。

ホスト変数を静的 SQL 文で使用するときは、プリプロセッサがホスト変数用の SQLDA を構成します。実際にデータベース・サーバとの間でやりとりされるのは、この SQLDA です。


SQLDA ヘッダ・ファイル
SQLDA のフィールド
SQLDA のホスト変数の記述
SQLDA の sqllen フィールドの値