Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere でのプログラミングの概要 » 3 層コンピューティングと分散トランザクション

 

分散トランザクションの使用

SQL Anywhere は、分散トランザクションにエンリストされている間は、トランザクション制御をトランザクション・サーバに渡します。また、SQL Anywhere は、トランザクション管理を暗黙的に実行しないようにします。SQL Anywhere が分散トランザクションを処理する場合、自動的に次の条件が設定されます。

  • オートコミットが使用されている場合は、自動的にオートコミットがオフになります。

  • 分散トランザクション中は、データ定義文 (副次的な効果としてコミットされる) を使用できません。

  • アプリケーションが明示的な COMMIT または ROLLBACK を発行する場合に、トランザクション・コーディネータを介さずに直接 SQL Anywhere に発行すると、エラーが発生します。ただし、トランザクションはアボートしません。

  • 1 つの接続で処理できるのは、1 回に 1 つの分散トランザクションに限られます。

  • 接続が分散トランザクションにエンリストされるときに、すべてのコミット操作が完了している必要があります。


DTC の独立性レベル
分散トランザクションからのリカバリ