Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (A ~ D)

 

ALTER SERVER 文

この文は、リモート・サーバの属性を変更するために使用します。

構文
ALTER SERVER server-name
[ CLASS server-class ]
[ USING connection-info ]
[ CAPABILITY cap-name { ON | OFF } ]
[ CONNECTION CLOSE [ CURRENT | ALL | connection-id ] ]
server-class :
  SAODBC 
| ASEODBC 
| DB2ODBC 
| MSSODBC
| ORAODBC 
| MSACCESSODBC 
| MYSQLODBC 
| ULODBC
| ADSODBC 
| ODBC 
| SAJDBC 
| ASEJDBC
connection-info :
computer-name:port-number[/dbname ] | data-source-name
パラメータ
  • CLASS 句   CLASS 句は、サーバのクラスを変更するために指定されます。

    サーバ・クラスの詳細とサーバの設定方法については、リモート・データ・アクセスのサーバ・クラスを参照してください。

  • USING 句   USING 句は、サーバの接続情報を変更するために指定されます。connection-info の詳細については、CREATE SERVER 文を参照してください。

  • CAPABILITY 句   CAPABILITY 句は、サーバの機能の ON と OFF を切り替えます。サーバ機能の情報は ISYSCAPABILITY システム・テーブルに格納されます。サーバ機能の名前には、SYSCAPABILITYNAME システム・ビューからアクセスできます。リモート・サーバとの最初の接続が確立されるまで、ISYSCAPABILITY システム・テーブルと SYSCAPABILITYNAME システム・ビューにはデータが移植されません。2 回目以降の接続では、ISYSCAPABILITY システム・テーブルからデータベース・サーバの機能が取得されます。

    通常、サーバの機能を変更する必要はありません。クラス ODBC の一般的なサーバの機能を変更しなければならない場合はあります。

  • CONNECTION CLOSE 句   ユーザがリモート・サーバへの接続を作成した場合、リモート接続は、ユーザがローカル・データベースから切断するまで閉じられません。CONNECTION CLOSE 句を使用すると、リモート・サーバへの接続を明示的に閉じることができます。この句は、リモート接続が非アクティブまたは不要になった場合に役立ちます。

    次の SQL 文は同等であり、リモート・サーバへの現在の接続を閉じます。

    ALTER SERVER server-name CONNECTION CLOSE;
    ALTER SERVER server-name CONNECTION CLOSE CURRENT;

    この構文を使用して、リモート・サーバへの ODBC 接続と JDBC 接続の両方を閉じることができます。これらの文を実行するために DBA 権限は不要です。

    接続 ID を指定して特定のリモート ODBC 接続を切断すること、または ALL キーワードを指定してすべてのリモート ODBC 接続を切断することができます。接続 ID または ALL キーワードを指定して JDBC 接続を閉じようとすると、エラーが発生します。connection-id で指定された接続が現在のローカル接続ではない場合、接続を閉じるにはユーザに DBA 権限が必要です。

備考

ALTER SERVER 文は、サーバの属性を変更します。変更された設定は、次回リモート・サーバに接続する際に有効になります。

パーミッション

RESOURCE 権限が必要です。

関連する動作

オートコミット。

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

次の例は、Adaptive Server Entreprise サーバ ase_prod のサーバ・クラスを変更して、SQL Anywhere に対するその接続が ODBC ベースになるようにします。このデータ・ソース名は ase_prod です。

ALTER SERVER ase_prod
CLASS 'ASEODBC'
USING 'ase_prod';

次の例は、サーバ infodc の機能を変更します。

ALTER SERVER infodc
CAPABILITY 'insert select' OFF;

次の例は、リモート・サーバ rem_test への接続をすべて閉じます。

ALTER SERVER rem_test
CONNECTION CLOSE ALL;

次の例は、リモート・サーバ rem_test への、接続 ID が 142536 である接続をすべて閉じます。

ALTER SERVER rem_test
CONNECTION CLOSE 142536;