Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (A ~ D)

 

ALTER SERVICE 文

この文を使用して Web サービスを変更します。

構文 1 - DISH サービス
ALTER SERVICE service-name
[ TYPE 'DISH' ]
[ GROUP { group-name | NULL } ]
[ FORMAT { 'DNET' | 'CONCRETE' [ EXPLICIT { ON | OFF } ]| 'XML' | NULL } ]
[ common-attributes ]
構文 2 - SOAP サービス
ALTER SERVICE service-name
[ TYPE 'SOAP' ]
[ DATATYPE { ON | OFF | IN | OUT } ]
[ FORMAT { 'DNET' | 'CONCRETE' [ EXPLICIT { ON | OFF } ] | 'XML' | NULL } ]
[ common-attributes ]
[ AS statement ]
構文 3 - その他のサービス
ALTER SERVICE service-name
[ TYPE { 'RAW' | 'HTML' | 'XML' } ]
[ URL [ PATH ] { ON | OFF | ELEMENTS } ]
[ common-attributes ]
[ AS { statement | NULL } ]
common-attributes:
[ AUTHORIZATION { ON | OFF } ]
[ ENABLE | DISABLE ]
[ METHODS 'method,...' ]
[ SECURE { ON | OFF } ]
[ USER { user-name | NULL } ]
method:
DEFAULT
| POST
| GET
| HEAD
| PUT
| DELETE
| NONE
| *
パラメータ

ALTER SERVICE のパラメータの説明は、CREATE SERVICE 文の場合と同じです。CREATE SERVICE 文を参照してください。

備考

ALTER SERVICE 文は、ISYSWEBSERVICE システム・テーブルを変更するときに使用します。結果として、データベース・サーバは Web サーバとして動作することができます。

パーミッション

DBA 権限が必要です。

関連する動作

なし

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

Web サーバをすばやく設定するには、-xs (http または https) オプションを使用してデータベース・サーバを起動し、次の文を実行します。

CREATE SERVICE tables TYPE 'HTML';
ALTER SERVICE tables
   AUTHORIZATION OFF
   USER DBA
   AS SELECT *
      FROM SYS.SYSTAB;

これらの文を実行した後、Web ブラウザを使用して URL http://localhost/tables を開きます。