Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (A ~ D)

 

ALTER SYNCHRONIZATION USER 文 [Mobile Link]

この文を使用して、SQL Anywhere リモート・データベースで Mobile Link ユーザのプロパティを変更します。

構文
ALTER SYNCHRONIZATION USER ml_username
[ TYPE network-protocol ]
[ ADDRESS protocol-options ]
[ ADD OPTION option=value, ... ]
[ ALTER OPTION option=value, ... ]
[ DELETE { ALL OPTION | OPTION option } ]
ml_username: identifier
network-protocol: http | https | tls | tcpip
protocol-options: string
value: string | integer
パラメータ
備考

network-protocolprotocol-optionsoptions は、複数の個所で設定できます。

異なるロケーションで指定されるオプションを dbmlsync が処理する方法については、優先順位を参照してください。

この文を使用すると、オプションや他の情報が SQL Anywhere の ISYSSYNC システム・テーブルに格納されます。データベースの DBA 権限を持つユーザであれば、パスワードや暗号化の証明書などの情報を表示できます。このとき考えられるセキュリティ上の問題を回避するために、dbmlsync コマンド・ラインに関する情報を指定できます。

dbmlsync 構文を参照してください。

パーミッション

DBA 権限が必要です。パブリケーションで参照されるすべてのテーブルへの排他アクセスが必要です。

関連する動作

オートコミット。

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。