Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 関数 » SQL 関数 (A ~ D)

 

CORR 関数 [集合]

数値のペアのセットの相関係数を返します。

構文
CORR( dependent-expression, independent-expression )
パラメータ
  • dependent-expression   独立変数に影響される変数。

  • independent-expression   結果に影響する変数。

戻り値

DOUBLE

備考

この関数は、引数を DOUBLE に変換し、倍精度浮動小数点で計算を行います。関数が空のセットに適用される場合は、NULL を返します。

dependent-expressionindependent-expression はどちらも数値です。関数は、dependent-expression または independent-expression が NULL であるペアを除外した後で、(dependent-expression, independent-expression) のセットに適用されます。次の計算が行われます。

COVAR_POP ( y, x ) / STDDEV_POP ( y ) * STDDEV_POP ( x )

ydependent-expression を表し、xindependent-expression を表します。

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   コア SQL に含まれない SQL 基本機能。

次の例は、年齢が所得レベルに関連付けられているかどうかを検出するために相関を実行します。この関数は、値 0.44022675645996 を返します。

SELECT CORR( Salary, ( YEAR( NOW( ) ) - YEAR( BirthDate ) ) ) FROM Employees;