Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (A ~ D)

 

CREATE REMOTE MESSAGE TYPE 文 [SQL Remote]

この文は、データベースからの出力メッセージのメッセージ・リンクとリターン・アドレスの識別に使用します。

構文
CREATE REMOTE MESSAGE TYPE message-system
[ ADDRESS address-string ]
message-system: 
FILE 
| FTP 
| SMTP
パラメータ
  • message-system   サポートしているメッセージ・システムの名前。

  • address-string   指定したメッセージ・システムのアドレス。

備考

Message Agent は、サポートされたメッセージ・リンクのうちの 1 つを使用して、データベースから出力メッセージを送信します。リモート・データベースが抽出ユーティリティで作成されていれば、指定したリンクを使用するユーザのリターン・メッセージは、指定したアドレスに送られます。Message Agent は、リンク用のリモート・ユーザがある場合にのみ、それらのリンクを開始します。

アドレスには、指定したメッセージ・システムに応じた、パブリッシャのアドレスを指定します。電子メール・システムの場合、アドレス文字列には有効な電子メール・アドレスを指定します。ファイル共有システムの場合、アドレス文字列には SQLREMOTE 環境変数で設定されているディレクトリのサブディレクトリを指定します。SQLREMOTE 環境変数でディレクトリが指定されていない場合は、現在のディレクトリを指定してください。この設定は、リモート・データベースで GRANT CONSOLIDATE 文を使って無効にできます。

アドレスを削除するには、CREATE REMOTE MESSAGE TYPE 文を ADDRESS 句なしで実行します。

初期化ユーティリティ (dbinit) は、アドレスを除くメッセージ・タイプを自動的に作成します。CREATE REMOTE MESSAGE TYPE 文は、他の CREATE 文と異なり指定したメッセージ・タイプがすでに存在してもエラーを返さずに既存のタイプを変更します。

パーミッション

DBA 権限が必要です。

関連する動作

オートコミット。

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

抽出ユーティリティを使用してリモート・データベースを抽出した場合は次の文を使用するとファイル・メッセージ・システムのメッセージ受信者すべてがメッセージを company サブディレクトリに送り返すように設定できます。

また、dbremote に対して、company サブディレクトリで着信メッセージを確認するように指定します。

CREATE REMOTE MESSAGE TYPE file
ADDRESS 'company';