Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (A ~ D)

 

CREATE USER 文

この文は、ユーザを作成するときに使用します。

構文
CREATE USER user-name [ IDENTIFIED BY password ]
 [ LOGIN POLICY policy-name ]
 [ FORCE PASSWORD CHANGE { ON | OFF } ]
パラメータ
  • user-name   作成するユーザの名前。

  • IDENTIFIED BY 句   作成するユーザのパスワード。パスワードのないユーザは、データベースに接続できません。

  • policy-name   ユーザに割り当てるログイン・ポリシーの名前。ログイン・ポリシーが指定されない場合、DEFAULT ログイン・ポリシーが適用されます。

  • FORCE PASSWORD CHANGE 句   ログイン時にユーザが新しいパスワードを指定する必要があるかどうかを制御します。この設定は、ポリシーの password_expiry_on_next_login オプション設定を上書きします。

備考

ユーザにパスワードを指定する必要はありません。パスワードのないユーザは、データベースに接続できません。これは、グループを作成し、他のユーザはグループ・ユーザ ID を使用してデータベースに接続させないようにする場合に便利です。ユーザ ID には、有効な ID を使用します。

ユーザ ID とパスワードに使用できない文字列は次のとおりです。

パスワードは有効な ID、または一重引用符で囲んだ文字列 (最高で 255 バイト) にすることができます。パスワードでは大文字と小文字が区別されます。パスワードには 7 ビット ASCII 文字を使用することをおすすめします。それ以外の文字を使用すると、データベース・サーバがクライアントの文字セットを UTF-8 に変換できない場合、パスワードが機能しないことがあります。

パーミッション

DBA 権限が必要です。

関連する動作

なし

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

次の例は、ユーザ SQLTester を作成し、パスワードを welcome に設定します。SQLTester ユーザには Test1 ログイン・ポリシーが割り当てられ、次回のログイン時にパスワードの有効期限が切れます。

CREATE USER SQLTester IDENTIFIED BY welcome
LOGIN POLICY Test1
FORCE PASSWORD CHANGE ON;

次の例は、グループ MyGroup を作成します。

CREATE USER MyGroup;
GRANT GROUP TO MyGroup;