Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (A ~ D)

 

DETACH TRACING 文

診断トレーシング・セッションを終了するときに、この文を使用します。

構文
DETACH TRACING { WITH | WITHOUT } SAVE
パラメータ
  • WITH SAVE 句   WITH SAVE を指定すると、保存されていない診断データが診断テーブルに保存されます。

  • WITHOUT SAVE 句   保存されていないトレーシング・データを保存しない場合は、WITHOUT SAVE を指定します。

備考

プロファイルされているデータベースからこの文を発行すると、診断テーブルに対する診断情報の送信が停止されます。WITHOUT SAVE 句を指定しても、sa_save_trace_data システム・プロシージャを使用して後でデータを保存できます (トレーシング・データベースが実行中で、他のトレーシング・セッションが開始されていない場合)。sa_save_trace_data システム・プロシージャを参照してください。

現在のトレーシング・レベルを参照するには、sa_diagnostic_tracing_level テーブルを参照します。sa_diagnostic_tracing_level テーブルを参照してください。

注意

トレーシング情報は、データベースのアンロードまたは再ロード操作の一環としてアンロードされません。トレーシング情報を別のデータベースに転送する場合は、sa_diagnostic_* テーブルの内容をコピーして、手動で転送してください。ただし、この方法はおすすめしません。

パーミッション

DBA 権限が必要です。

関連する動作

なし

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。