Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (A ~ D)

 

DROP STATISTICS 文

この文は、指定したカラムに関するカラムの統計情報をすべて削除するために使用します。

構文
DROP STATISTICS [ ON ] [owner.]object-name [ ( column-list ) ]
object-name : 
table-name 
| materialized-view-name 
| temp-table-name
備考

SQL Anywhere オプティマイザは、カラムの統計情報を基にして、各文の実行に最適な方式を判別します。SQL Anywhere は、それらの統計を自動的に収集、更新します。カラムの統計情報は、データベースのシステム・テーブル SYSCOLSTAT に永久的に格納されます。ある文の処理中に収集されたカラムの統計情報は、以降の文の効率的な実行方法を見いだすときに使用できます。

場合によっては、カラムの統計情報が不正確になったり、関連統計情報が使用不能になったりすることがあります。このような状況がもっとも発生しやすいのは、大量のデータが追加、更新、または削除されてから実行されたクエリが少ない場合です。

DROP STATISTICS 文は、システム・テーブル ISYSCOLSTAT から、指定されたカラムに関する内部統計データをすべて削除します。これは強力な処理で、オプティマイザは必要な統計情報にアクセスできなくなります。これらの統計情報がない場合、オプティマイザは非効率的なデータ・アクセス・プランを生成し、データベース・パフォーマンスの低下を招くことがあります。

DROP STATISTICS 文には、実行対象のテーブルに排他ロックをかける必要があります。つまり、テーブルを参照するその他すべての接続がコミットまたはロールバックされるか、テーブルを参照している開いたカーソルをすべて閉じるまで、文の実行は進行しません。

この文は、問題を追究するときや、元のデータとは大幅に異なるデータをデータベースに再ロードする場合のみ使用してください。

パーミッション

DBA 権限が必要です。

関連する動作

オートコミット。

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。