Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 言語の要素

 

式は、評価して値を返すことのできる文です。

構文
expression:
 case-expression
| constant
| [correlation-name.]column-name
| - expression
| expression operator expression
| ( expression )
| function-name ( expression, ... )
| if-expression
| special value
| ( subquery )
| variable-name
パラメータ
case-expression:
CASE expression
WHEN expression
THEN expression,...
[ ELSE expression ]
END
alternative form of case-expression:
CASE
WHEN search-condition
THEN expression, ...
[ ELSE expression ]
END
constant:
 integer  | number  | string | host-variable
special-value:
 CURRENT { DATE  |  TIME  |  TIMESTAMP  }
| NULL
| SQLCODE
| SQLSTATE
| USER
if-expression:
IF condition
THEN expression
[ ELSE expression ]
ENDIF
operator:
{  +  |  -  |  *  |  /  |  ||  |  % }
備考

式は、さまざまな場所で使用されます。

式は、数種類の要素で構成されます。これらについては、関数や変数に関する項で説明します。SQL 関数変数を参照してください。

式を評価するには、データベースに接続する必要があります。

関連する動作

なし

参照
標準と互換性
  • 以降の項で説明する式の各クラスの説明を参照してください。


式内の定数
式内のカラム名
式内のサブクエリ
IF 式
CASE 式
正規表現の概要
正規表現の構文
正規表現の例
式の互換性