Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 関数 » SQL 関数 (A ~ D)

 

DECRYPT 関数 [文字列]

指定されたキーを使用して文字列を復号化し、LONG BINARY 値を返します。

構文
DECRYPT( string-expression, key 
[, algorithm ] 
)
algorithm : 
'AES' 
| 'AES256' 
| 'AES_FIPS' 
| 'AES256_FIPS'
パラメータ
  • string-expression   復号化される文字列。この関数にはバイナリ値を渡すこともできます。大文字と小文字を区別しないデータベース定義であっても、パラメータの大文字と小文字は区別されます。

  • key   string-expression の復号化に必要な暗号化キー (文字列)。暗号化された元の値を取得するには、このキーが、string-expression の暗号化に使用された暗号化キーと同じである必要があります。大文字と小文字を区別しないデータベース定義であっても、パラメータの大文字と小文字は区別されます。

    警告

    強力な暗号化が適用されたデータベースの場合、キーのコピーは必ず安全な場所に保管してください。暗号化キーがわからなくなった場合は、Sybase 製品の保守契約を結んでいるサポート・センタに依頼してもデータにはアクセスできません。アクセスできなくなったデータベースは、廃棄して、新しくデータベースを作成する必要があります。

  • algorithm   このオプションのパラメータでは、string-expression の暗号化に使用されたアルゴリズムを指定します。

戻り値

LONG BINARY

備考

サポートされている暗号化アルゴリズムの詳細については、ENCRYPT 関数 [文字列]を参照してください。

DECRYPT 関数を使用して、ENCRYPT 関数で暗号化された string-expression を復号化できます。この関数は、入力文字列と同じバイト数の LONG BINARY 値を返します。

string-expression を正常に復号化するには、データの暗号化に使用したのと同じ暗号化キーを使用します。不正な暗号化キーを指定した場合は、エラーが生成されます。キーを紛失すると、データにアクセスできなくなり、そこからのリカバリも不可能になります。

注意

FIPS は、すべてのプラットフォームで使用できるわけではありません。サポートされるプラットフォームのリストについては、[external link] http://www.ianywhere.jp/sas/os.html を参照してください。

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

次の例は、user_info テーブルにあるユーザのパスワードを復号化します。DECRYPT 関数は値を LONG BINARY データ型に変換して判読不能にするため、パスワードを CHAR データ型に変換するには CAST 関数を使用します。

SELECT CAST( DECRYPT( user_pwd, '8U3dkA' ) AS CHAR(100) ) FROM user_info;