Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (E ~ O)

 

GRANT PUBLISH 文 [SQL Remote]

この文は、現在のデータベースのパブリッシャの識別に使用します。

構文
GRANT PUBLISH TO userid
備考

SQL Remote インストール環境内の各データベースは、出力メッセージ内でユーザ ID により識別され、「パブリッシャ」と呼ばれます。GRANT PUBLISH 文は、これらの出力メッセージと関連付けられているパブリッシャ・ユーザ ID を識別します。

PUBLISH 権限は 1 つのユーザ ID にしか割り当てられません。PUBLISH 権限を持つユーザ ID は、特殊定数 CURRENT PUBLISHER で識別します。次のクエリは、現在のパブリッシャを識別します。

SELECT CURRENT PUBLISHER;

パブリッシャがない場合、この特殊定数の値は NULL になります。

現在のパブリッシャの特殊定数を、カラムのデフォルトの設定として使用できます。CURRENT PUBLISHER カラムをテーブルのレプリケーションを行う際のプライマリ・キーに含めると、複数サイトでのアップデートによりプライマリ・キーの矛盾が発生するのを回避できるので便利です。

パブリッシャを変更するには、まず REVOKE PUBLISH 文を使って現在のパブリッシャを削除し、それから GRANT PUBLISH 文を使って新しいパブリッシャを作成します。

パーミッション

DBA 権限が必要です。

関連する動作

オートコミット。

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

GRANT PUBLISH TO publisher_ID;