Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 言語の要素

 

識別子

識別子は、ユーザ ID、テーブル、カラムなど、データベースのオブジェクト名を表します。

備考

識別子の最大長は 128 バイトです。次のいずれかの条件と一致した場合は、二重引用符または角カッコで囲みます。

  • 識別子にスペースが含まれる

  • 識別子の先頭文字がアルファベット文字ではない (以下を参照)

  • 識別子に予約語が含まれる

  • 識別子にアルファベット文字や数字以外の文字が含まれる

「アルファベット文字」には、アルファベット、アンダースコア文字 (_)、アットマーク (@)、シャープ記号 (#)、ドル記号 ($) が含まれます。データベースの照合順は、どの文字がアルファベットまたは数字として扱われるかを指定します。

次の文字は、識別子では使用できません。

  • " (二重引用符)

  • 制御文字 (0x20 未満の文字)

  • 円記号

quoted_identifier データベース・オプションが Off に設定されている場合には、SQL 文字列を二重引用符で区切る必要があります。この SQL 文字列は識別子としては使用できません。ただし角カッコは、quoted_identifier の設定にかかわらず、どのような場合でも識別子の区切りとして使用できます。quoted_identifier オプションのデフォルトは、Open Client 接続と jConnect 接続の場合は Off、それ以外の場合は On に設定されています。

参照

次の識別子はすべて有効です。