Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL データ型 » 数値データ型

 

INTEGER データ型

INTEGER データ型は、4 バイトの記憶領域を必要とする整数を格納するために使用します。

構文
[ UNSIGNED ] INTEGER
備考

INTEGER データ型は真数値データ型で、精度は算術演算の後で保存されます。

UNSIGNED を指定した場合、整数に負の数を割り当てることはできません。デフォルトでは、このデータ型は符号付きです。

符号付き整数値の範囲は、-231 ~ 231 - 1、または -2147483648 ~ 2147483647 です。

符号なし整数の範囲は、0 ~ 232 - 1、または 0 ~ 4294967295 です。

INTEGER は INT と指定することもできます。どの構文を使用する場合でも、データ型は INTEGER と記述されます。

文字列を INTEGER に変換すると、前後のスペースは削除されます。先行文字が '+' の場合は無視されます。先行文字が '-' の場合は、残りの数字は負の数として解釈されます。先行の '0' 文字はスキップされ、残りの文字は整数値に変換されます。変換しようとしたデータ型の有効な範囲外の値である場合、文字列に不正な文字が含まれる場合、または文字列を整数値として復号化できない場合にエラーが返されます。

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   SQL/2003 と互換性があります。UNSIGNED キーワードはベンダ拡張です。