Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 関数 » SQL 関数 (E ~ O)

 

NEXT_HTTP_HEADER 関数 [HTTP]

次の HTTP ヘッダの名前を取得します。

構文
NEXT_HTTP_HEADER( header-name )
パラメータ

header-name   前のヘッダの名前。header-name が NULL の場合、この関数は最初の HTTP ヘッダの名前を返します。

戻り値

LONG VARCHAR

備考

この関数は、要求に含まれる HTTP ヘッダに対して反復され、次の HTTP ヘッダ名を返します。NULL を指定して呼び出すと、最初のヘッダの名前が返されます。後続のヘッダは、関数に前のヘッダの名前を渡すことによって取得されます。この関数を最後のヘッダ名を使用して呼び出した場合、または Web サービスから呼び出していない場合、NULL を返します。

この関数を繰り返し呼び出すと、すべてのヘッダ・フィールドが一度だけ返されます。ただし、必ずしも HTTP 要求での表示順に表示されるとはかぎりません。

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

HTTP Web サービスによって呼び出されるストアド・プロシージャ内で使用された場合、次の例は最初の HTTP ヘッダの名前を返します。

BEGIN
DECLARE header_name LONG VARCHAR;
SET header_name  = NULL;
SET header_name = NEXT_HTTP_HEADER( header_name )
END;