Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (P ~ Z)

 

PASSTHROUGH 文 [SQL Remote]

この文は、SQL Remote 管理のパススルー・モードの起動または停止に使用します。構文 1 と 2 はパススルー・モードを起動し、構文 3 はパススルー・モードを停止します。

構文 1
PASSTHROUGH [ ONLY ] FOR userid, ...
構文 2
PASSTHROUGH [ ONLY ] FOR SUBSCRIPTION
TO [ owner. ]publication-name [ ( constant ) ]
構文 3
PASSTHROUGH STOP
備考

パススルー・モードでは、SQL 文はすべてデータベース・サーバで実行されます。また、トランザクション・ログに保存され、メッセージに含めてサブスクライバに送信されます。パススルー・モードの起動に ONLY キーワードを使用した場合、この文はサブスクライバに送られるだけで、サーバでは実行されません。パススルー・セクションにストアド・プロシージャへの呼び出しが含まれている場合、そのストアド・プロシージャは、パススルー・コマンドを発行するサーバ上に存在していなければなりません (これらのストアド・プロシージャの中には、サーバ上では実行されないものもあります)。パススルー SQL 文の受信者は、ユーザ ID リスト (構文 1)、または指定されたパブリケーションのすべてのサブスクライバです。パススルー・モードは、統合データベースからリモート・データベースへの変更を適用したり、リモート・データベースから統合データベースへ文を送信するのにも使用できます。

構文 2 は、サブスクリプションを起動したリモート・データベースに文を送信します。サブスクリプションを作成しても、起動していないリモート・データベースには送信しません。

パーミッション

DBA 権限が必要です。

関連する動作

なし

標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

PASSTHROUGH FOR rem_db ;
...
( SQL statements to be executed at the remote database )
...
PASSTHROUGH STOP ;