Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 関数 » SQL 関数 (P ~ Z)

 

READ_CLIENT_FILE 関数 [文字列]

クライアント・コンピュータ上で指定したファイルからデータを読み込みます。

構文
READ_CLIENT_FILE( client-filename-expression )
パラメータ
  • client-filename-expression   クライアント・コンピュータ上でのファイル名を示す CHAR 値。パスは、クライアント・コンピュータ上で、クライアント・アプリケーションの現在の作業ディレクトリとの相対パスとして解決されます。

戻り値

LONG BINARY

備考

READ_CLIENT_FILE 関数が返す値は、指定されたクライアント・ファイルの内容を表します。BINARY 式が使用できる構文には、必ずこの関数を使用できます。

データはバイナリ文字列として返されるため、データが別の文字セットの場合、または圧縮または暗号化されている場合は、データの文字セットの変換、解凍、または復号化も必要となることがあります。

READ_CLIENT_FILE の評価中に、データベース・サーバは指定されたファイルのクライアントからの転送を開始します。クライアントは、転送要求を受信すると、クライアント・ファイルの共有ロックを取得し、データベース・サーバがクライアントに転送要求の終了を要求するまで、ロックを保持します。

クライアントのソフトウェア・ライブラリによってファイルの読み込みが行われ、Command Sequence 通信プロトコルを使用してデータの転送が実行されます。

パーミッション

クライアント・コンピュータにあるファイルからデータを読み込む場合

標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

参照