Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (P ~ Z)

 

REMOVE JAVA 文

この文は、クラスまたは JAR ファイルをデータベースから削除するために使用します。クラスを削除すると、それはカラムまたは変数型として使用できなくなります。

クラスまたは jar は事前にインストールしておきます。

構文
REMOVE JAVA classes-to-remove
classes-to-remove :
  CLASS java-class-name, ... | JAR jar-name, ...
パラメータ
  • CLASS 句   java-class-name パラメータは、削除される 1 つ以上の Java クラスの名前です。現在のデータベースにインストールされているクラスを指定します。

  • JAR 句   jar-name は、最大の長さが 255 の文字列値です。

    それぞれの jar-name には、現在のデータベースの保持された jar の jar-name の名前を指定します。jar-name と同じであることは、SQL システムの文字列比較ルールで決定されます。

備考

データベースからクラスまたは jar ファイルを削除します。

パーミッション
  • DBA 権限が必要です。

  • Windows Mobile ではサポートされません。

標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

次の文は、現在のデータベースから Demo という名前の Java クラスを削除します。

REMOVE JAVA CLASS Demo;