Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (P ~ Z)

 

REVOKE PUBLISH 文 [SQL Remote]

この文は、名前を指定したユーザ ID を CURRENT パブリッシャとして識別するのを中止します。

構文
REVOKE PUBLISH FROM userid
備考

SQL Remote インストール環境にある各データベースは、出力メッセージ内でパブリッシャのユーザ ID によって識別されます。現在のパブリッシャのユーザ ID は、特殊定数 CURRENT PUBLISHER を使用して検索できます。次のクエリは、現在のパブリッシャを識別します。

SELECT CURRENT PUBLISHER;

REVOKE PUBLISH 文により、名前を指定したユーザ ID がパブリッシャとして識別されなくなります。

データベースにアクティブな SQL Remote パブリケーションまたはサブスクリプションがあるときは、そのデータベースから REVOKE PUBLISH を実行しないでください。

データベースで REVOKE PUBLISH 文を実行すると、SQL Remote インストール環境に次のような影響を及ぼします。

  • CURRENT PUBLISHER カラムがプライマリ・キーの一部になっているテーブルにデータを挿入できなくなります。また、出力メッセージがパブリッシャ・ユーザ ID で識別できなくなり、受信側データベースによって受け取られなくなります。

SQL Remote インストール環境の統合データベースまたはリモート・データベースでパブリッシャ・ユーザ ID を変更する場合はそのデータベースからメッセージを受信するすべてのデータベースで、新しいパブリッシャ・ユーザ ID に REMOTE パーミッションが付与されていることを確認します。通常この作業を行うには、すべてのサブスクリプションを一度削除し、再作成する必要があります。

パーミッション

DBA 権限が必要です。

関連する動作

オートコミット。

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

REVOKE PUBLISH FROM publisher_ID;