Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » システム・オブジェクト » システム・プロシージャ » システム・プロシージャのアルファベット順リスト

 

sa_server_messages システム・プロシージャ

データベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウのメッセージを結果セットとして返すことができます。

構文
sa_server_messages( [ first_msg ] [, num_msgs ] )
引数
  • first_msg   num_msgs パラメータの符号に応じて、返される最初または最後のメッセージの ID を指定する任意の UNSIGNED BIGINT パラメータ。デフォルトは NULL です。つまり、num_msgs が NULL または正の場合、検索はリストの先頭から開始されます。num_msgs が負の場合、リストの最後まで検索します。

  • num_msgs   返されるメッセージの数を指定する任意の BIGINT パラメータ。符号は、first_msg から始まるメッセージを要求するか、または first_msg で終わるメッセージを要求するかを示します。デフォルトは NULL です。つまり、first_msg からリストの最後までのすべてのメッセージが返されます。

結果セット
カラム名 データ型 説明
msg_id UNSIGNED BIGINT ユニークなメッセージ ID。メッセージ ID は 0 から始まります。
msg_text LONG VARCHAR メッセージ・テキスト。
msg_time TIMESTAMP メッセージが発行された時刻。
msg_severity VARCHAR(255)

メッセージの重大度レベル。このカラムには、次のいずれかの値が含まれます。

  • INFO   情報メッセージ。

  • WARN   警告。

  • ERR   エラー。

msg_category VARCHAR(255)

メッセージのカテゴリ。このカラムには、次のいずれかの値が含まれます。

  • STARTUP   データベース・サーバまたはデータベースの開始やシャットダウンに関連するメッセージ。

  • CHKPT   チェックポイントに関連するメッセージ。

  • MSG   MESSAGE 文または PRINT 文を使用して生成されたメッセージ。

  • DBA_MSG   DBA パーミッションを必要とする MESSAGE 文を使用して生成されたメッセージ。イベント・ログに送信されたメッセージなど。

  • CONN   データベース・サーバのコネクティビティに関するメッセージ。

  • OTHER   その他のタイプのすべてのメッセージ。

msg_database VARCHAR(255) メッセージが特定の 1 つのデータベースに適用される場合は、そのメッセージに関連付けられたデータベース名。それ以外の場合は NULL。
備考

新しいメッセージがコンソールに送信される場合、メッセージの数が MessageCategoryLimit プロパティの値を超えていると、同じカテゴリまたは同じ重大度レベルの古いメッセージは削除されます。その結果、結果セットにギャップができ、連続した 2 つのローでメッセージ ID が不連続となる場合があります。

パーミッション

なし

関連する動作

なし

参照

次のコマンドは、ID が 3 のメッセージを先頭として、100 メッセージを要求します。

CALL sa_server_messages( 3, 100 );

次のコマンドは、メッセージ 4032 までの (このメッセージを含む) 500 メッセージを要求します。

CALL sa_server_messages( 4032, -500 );

次のコマンドは、メッセージ 3 以降のすべてのメッセージを要求します。

CALL sa_server_messages( 3, NULL );
CALL sa_server_messages( 3 );

次のコマンドは、リストの先頭からの 100 メッセージを要求します。

CALL sa_server_messages( NULL, 100 );

次のコマンドは、リストの最後の 100 メッセージを要求します。

CALL sa_server_messages( NULL, -100 );

次のコマンドは、リストのすべてのメッセージを要求します。

CALL sa_server_messages( NULL, NULL );
CALL sa_server_messages( );