Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (P ~ Z)

 

SAVEPOINT 文

この文は、現在のトランザクションで、セーブポイントを確立するために使用します。

構文
SAVEPOINT [ savepoint-name ]
備考

現在のデータベース内でセーブポイントを確立します。savepoint-name は RELEASE SAVEPOINT または ROLLBACK TO SAVEPOINT 文の中で使用できる識別子です。トランザクションが終了すると、すべてのセーブポイントは自動的に解放されます。トランザクション内のセーブポイントを参照してください。

トリガまたはアトミック複合文の実行中に確立されたセーブポイントは、アトミック・オペレーションが終了すると自動的に解放されます。

セーブポイント内からプロキシ・テーブルのデータは修正できません。

パーミッション

なし

関連する動作

なし

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   コア SQL に含まれない SQL/基本機能。