Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (P ~ Z)

 

SET OPTION 文 [Interactive SQL]

この文は、Interactive SQL オプションの値を変更するために使用します。

構文 1 - オプションの設定
SET OPTION option-name = [ option-value ]
| SET TEMPORARY OPTION option-name = [ option-value ]
option-name : identifier, string, または hostvar
option-value : string, identifier, または number
構文 2 - 現在のオプションの永久的な保存
SET PERMANENT
構文 3 - 現在のオプションの確認
SET
備考

デフォルトでは、SET OPTION 構文を使用してオプションを設定すると、そのオプション設定は永久的に格納され、他の SET OPTION 文によって変更されるまで変わりません。

SET TEMPORARY OPTION 構文を使用すると、オプション設定を一時的に変更できます。一時的な設定は、Interactive SQL を閉じるまで有効です。Interactive SQL を次回起動するとき、オプションはその恒久的な設定に戻ります。

SET PERMANENT 構文を使用すると、現在の Interactive SQL オプション設定がすべて永久的に保存されます (一時的な設定もすべて永久的になります)。

構文 3 を使用すると、現在のすべてのデータベース・オプション設定が表示されます。データベース・サーバに一時的なオプション設定がある場合、永久的な設定ではなく、一時的な設定が表示されます。

Interactive SQL のオプション設定は、データベースにではなく、クライアント・コンピュータに保存されます。

現在の Interactive SQL オプションの詳細については、Interactive SQL オプションを参照してください。

標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

参照