Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » システム・オブジェクト » システム・プロシージャ » システム・プロシージャのアルファベット順リスト

 

sp_tsql_environment システム・プロシージャ

ユーザが jConnect または Open Client アプリケーションから接続するときの接続オプションを設定します。

構文
sp_tsql_environment( )
備考

sp_login_environment プロシージャは、login_procedure データベース・オプションによって指定されるデフォルトのプロシージャです。新規接続ごとに、login_procedure で指定されたプロシージャが呼び出されます。接続に TDS 通信プロトコルを使用する場合 (つまり、Open Client または jConnect 接続の場合)、今度は sp_login_environment が sp_tsql_environment を呼び出します。

このプロシージャは、デフォルトの Sybase Adaptive Server Enterprise の動作との互換性を持つように、データベース・オプションを設定します。

デフォルトの動作を変更したい場合は、新しいプロシージャを作成して、その新しいプロシージャを指すように login_procedure オプションを変更することをおすすめします。

パーミッション

なし

関連する動作

なし

参照

sp_tsql_environment プロシージャのテキストを次に示します。

CREATE PROCEDURE dbo.sp_tsql_environment()
BEGIN
    IF db_property( 'IQStore' ) = 'Off' THEN
        -- SQL Anywhere datastore
        SET TEMPORARY OPTION close_on_endtrans='OFF';
    END IF;
    SET TEMPORARY OPTION ansinull='OFF';
    SET TEMPORARY OPTION tsql_variables='ON';
    SET TEMPORARY OPTION ansi_blanks='ON';
    SET TEMPORARY OPTION chained='OFF';
    SET TEMPORARY OPTION quoted_identifier='OFF';
    SET TEMPORARY OPTION allow_nulls_by_default='OFF';
    SET TEMPORARY OPTION on_tsql_error='CONTINUE';
    SET TEMPORARY OPTION isolation_level='1';
    SET TEMPORARY OPTION date_format='YYYY-MM-DD';
    SET TEMPORARY OPTION timestamp_format='YYYY-MM-DD HH:NN:SS.SSS';
    SET TEMPORARY OPTION time_format='HH:NN:SS.SSS';
    SET TEMPORARY OPTION date_order='MDY';
    SET TEMPORARY OPTION escape_character='OFF';
END