Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 文 » SQL 文 (P ~ Z)

 

START SYNCHRONIZATION DELETE 文 [Mobile Link]

次の文を使用して Mobile Link 同期で行われた削除のロギングを再起動します。

構文
START SYNCHRONIZATION DELETE
備考

通常、SQL Anywhere と Ultra Light は、同期の一部であるテーブルやカラムに対して行われたすべての変更のログを自動的に取り、次の同期中にこれらの変更を統合データベースにアップロードします。STOP SYNCHRONIZATION DELETE 文を使用すると、削除処理の自動ロギングを一時的に中断できます。START SYNCHRONIZATION DELETE 文を使用すると、自動ロギングを再起動できます。

STOP SYNCHRONIZATION DELETE 文を実行すると、その接続に対してそれ以降に実施された削除操作は同期されません。この効果は、START SYNCHRONIZATION DELETE 文が実行されるまで継続します。STOP SYNCHRONIZATION DELETE を繰り返してもそれ以上効果はありません。

STOP SYNCHRONIZATION DELETE 文の実行回数にかかわらず、START SYNCHRONIZATION DELETE 文を 1 回実行すれば、ロギングが再起動します。

アプリケーションでデータを同期しない場合は、START SYNCHRONIZATION DELETE を使用しないでください。

パーミッション

DBA 権限が必要です。

関連する動作

なし

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

次の一連の SQL 文は、START SYNCHRONIZATION DELETE と STOP SYNCHRONIZATION DELETE の使用方法を示します。

-- Prevent deletes from being sent
-- to the consolidated database
STOP SYNCHRONIZATION DELETE;

-- Remove all records older than 1 month
-- from the remote database,
-- NOT the consolidated database
DELETE FROM PROPOSAL
WHERE last_modified < months( CURRENT TIMESTAMP, -1 )

-- Re-enable all deletes to be sent
-- to the consolidated database
-- DO NOT FORGET to start this
START SYNCHRONIZATION DELETE;

-- Commit the entire operation,
-- otherwise rollback everything
-- including the stopping of the deletes
commit;