Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 関数 » SQL 関数 (P ~ Z)

 

STRTOUUID 関数 [文字列]

文字列の値をユニークな識別子 (UUID または GUID) の値に変換します。

新しいデータベースでは不要

バージョン 9.0.2 より前に作成されたデータベースでは、UNIQUEIDENTIFIER データ型はユーザ定義データ型として定義され、UUID 値のバイナリ表現と文字列表現の間を変換するための STRTOUUID 関数と UUIDTOSTR 関数が必要です。

バージョン 9.0.2 以降を使用して作成されたデータベースでは、UNIQUEIDENTIFIER データ型がネイティブ・データ型に変更されています。データ型の変換は、SQL Anywhere が必要に応じて実行します。これらのバージョンでは STRTOUUID 関数と UUIDTOSTR 関数を使用する必要はありません。

詳細については、UNIQUEIDENTIFIER データ型を参照してください。

構文
STRTOUUID( string-expression )
パラメータ
  • string-expression   フォーマットが xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx の文字列。

戻り値

UNIQUEIDENTIFIER

備考

フォーマットが xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx の文字列をユニークな識別子の値に変換します。ここで、x は 16 進数です。

文字列が有効な UUID 文字列でない場合は、conversion_error オプションが OFF に設定されていないかぎり変換エラーが返されます。このオプションが OFF の場合は NULL が返されます。

この関数は、UUID 値をデータベースに挿入するときに役立ちます。

この関数は NCHAR の入力または出力をサポートしています。

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。