Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 関数 » SQL 関数 (P ~ Z)

 

STUFF 関数 [文字列]

1 つの文字列から複数の文字を削除して、別の文字列に置き換えます。

構文
STUFF( string-expression-1, start, length, string-expression-2 )
パラメータ
  • string-expression-1   STUFF 関数によって変更される文字列。

  • start   削除を開始する文字の位置。文字列の先頭文字の位置を 1 とします。

  • length   削除する文字数。

  • string-expression-2   挿入する文字列。STUFF 関数を使用して文字列の一部を削除するには、NULL の置換文字列を使用します。

戻り値

LONG NVARCHAR

備考

この関数は NCHAR の入力または出力をサポートしています。

参照
標準と互換性
  • SQL/2003   ベンダ拡張。

次の文は、値 chocolate pie を返します。

SELECT STUFF( 'chocolate cake', 11, 4, 'pie' );