Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » システム・オブジェクト » システム・プロシージャ » システム・プロシージャのアルファベット順リスト

 

sa_refresh_materialized_views システム・プロシージャ

初期化されていないステータスであるすべてのマテリアライズド・ビューを初期化します。

構文
sa_refresh_materialized_views( [ ignore_errors ] )
引数
  • ignore_errors   再コンパイル中に発生したエラーを返すかどうかを指定する任意の INTEGER パラメータ。0 と指定すると、カラム定義が失敗した場合、ビューごとにエラーが返されます。1 または 0 以外の値を指定すると、エラーは返されません。値を指定しない場合のデフォルト値は 0 です。

備考

作成したばかりのため、再有効化したばかりのため、初期化および更新の最後の実行がエラーにより失敗したために、マテリアライズド・ビューが未初期化ステータスになることがあります。sa_refresh_materialized_views システム・プロシージャは、このようなすべてのマテリアライズド・ビューについてデータベースをスキャンし、初期化を試みます。プロシージャでマテリアライズド・ビューの初期化時にエラーが発生した場合、残りの未初期化ビューの処理が続けられます。

また、REFRESH MATERIALIZED VIEW 文を使用して、マテリアライズド・ビューを初期化できます。

パーミッション

DBA 権限

関連する動作

なし

参照