Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » システム・オブジェクト » システム・プロシージャ » システム・プロシージャのアルファベット順リスト

 

sa_recompile_views システム・プロシージャ

カタログに格納された、カラム定義を持たないビュー定義を見つけ、カラム定義を作成します。

構文
sa_recompile_views( [ ignore_errors ] )
引数
  • ignore_errors   再コンパイル中に発生したエラーを返すかどうかを指定する任意の INTEGER パラメータ。0 と指定すると、カラム定義が失敗した場合、ビューごとにエラーが返されます。1 または 0 以外の値を指定すると、エラーは返されません。値を指定しない場合のデフォルト値は 0 です。

備考

このプロシージャは、カラム定義を持たないビューをカタログで見つけ、RECOMPILE 句を指定した ALTER VIEW 文を実行してカラム定義を作成します。プロシージャは、コンパイルを必要とするものがなくなるまで、または残りのカラム定義を作成できなくなるまで、カラム定義を持たない各ビューに対してこの処理を実行します。プロシージャでビューを再コンパイルできない場合は、エラーがレポートされます。このプロシージャに 0 以外のパラメータを指定することによって、エラーを抑制できます。

警告

sa_recompile_views システム・プロシージャは、reload.sql スクリプト内からのみ呼び出してください。このプロシージャはアンロード・ユーティリティ (dbunload) によって使用されます。明示的には使用しないでください。

sa_recompile_views システム・プロシージャは、マテリアライズド・ビューまたは DISABLED と印が付いているビューを再コンパイルしません。

パーミッション

DBA 権限が必要です。

関連する動作

VALID ステータスのない通常の各ビューについては、ALTER VIEW owner.viewname ENABLE 文が実行され、オートコミットが行われます。

参照