Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » SQL の使用 » SQL 言語の要素 » 特別値

 

TIMESTAMP 特別値

TIMESTAMP は、テーブルの各ローが最後に修正された時刻を示します。カラムの宣言に DEFAULT TIMESTAMP が指定されている場合は、ローを挿入するとタイムスタンプのデフォルト値が割り付けられます。この値は、ローが更新されるたびに現在の日付と時刻に基づいて更新されます。

データ型

TIMESTAMP

備考

DEFAULT TIMESTAMP で宣言されたカラムにはユニークな値が入ります。これにより、アプリケーションは、ほぼ同時に行われた同じローの更新を検出できます。現在のタイムスタンプ値が直前の値と同じ場合は、default_timestamp_increment オプションの値が加えられます。

default_timestamp_increment オプションに基づいて、SQL Anywhere のタイムスタンプ値を自動的にトランケートできます。これは、記録されるタイムスタンプ値の精度が低い他のデータベース・ソフトウェアとの互換性を維持する場合に便利です。

グローバル変数 @@dbts は、DEFAULT TIMESTAMP を使用するカラムの最後に生成された値を表す TIMESTAMP 値を返します。

注意

DEFAULT CURRENT TIMESTAMP と DEFAULT TIMESTAMP の主な違いは、DEFAULT CURRENT TIMESTAMP は INSERT にのみ設定され、DEFAULT TIMESTAMP は INSERT と UPDATE の両方に設定されることです。

参照