Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL リファレンス » システム・オブジェクト » ビュー » システム・ビュー

 

SYSIDX システム・ビュー

SYSIDX システム・ビューの各ローは、データベースの論理インデックスを定義します。このビューの基本となるシステム・テーブルは ISYSIDX です。

カラム名 カラム型 説明
table_id UNSIGNED INT このインデックスが適用されるテーブルをユニークに識別します。
index_id UNSIGNED INT テーブル内のインデックスを識別するユニークな番号。
object_id UNSIGNED BIGINT データベースのインデックスをユニークに識別するインデックスの内部 ID。
phys_index_id UNSIGNED INT 論理インデックスの実装に使用する基本となる物理インデックスを識別します。この値は、テンポラリ・テーブルまたはリモート・テーブル上のインデックスに対しては NULL となります。その他の場合、この値は SYSPHYSIDX システム・ビューの物理インデックスの object_id に対応します。SYSPHYSIDX システム・ビューを参照してください。
dbspace_id SMALLINT インデックスを含むファイルの ID。この値は SYSDBSPACE システム・ビューのエントリに対応します。SYSDBSPACE システム・ビューを参照してください。
file_id SMALLINT 廃止予定。このカラムは SYSVIEW に存在しますが、基本となるシステム・テーブル ISYSIDX には存在しません。このカラムの内容は dbspace_id と同じであり、互換性のために提供されています。今後は dbspace_id を使用してください。
index_category TINYINT インデックスの型。次のような値があります。
  • 1 - プライマリ・キー
  • 2 - 外部キー
  • 3 - セカンダリ・インデックス (一意性制約を含む)
  • 4 - テキスト・インデックス
"unique" TINYINT インデックスがユニーク・インデックス (1) か、ユニークでないインデックス (4) か、一意性制約 (2) かを示します。ユニーク・インデックスでは、インデックス・カラムの 2 つのローは同じ値を持てません。
index_name CHAR(128) インデックスの名前。
not_enforced CHAR(1) システムでのみ使用。
file_id SMALLINT システムでのみ使用。
基本となるシステム・テーブルに関する制約

PRIMARY KEY (table_id, index_id)

FOREIGN KEY (table_id) REFERENCES SYS.ISYSTAB (table_id)

FOREIGN KEY (object_id) REFERENCES SYS.ISYSOBJECT (object_id) MATCH UNIQUE FULL

FOREIGN KEY (table_id, phys_index_id) REFERENCES SYS.ISYSPHYSIDX (table_id, phys_index_id)

参照