Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » リモート・データとバルク・オペレーション » リモート・データへのアクセス » リモート・サーバの使用

 

リモート・サーバの変更

リモート・サーバの設定の変更は、次回リモート・サーバに接続する際に有効になります。

♦  リモート・サーバのプロパティを変更するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. RESOURCE 権限のあるユーザとしてホスト・データベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[リモート・サーバ] をダブルクリックします。

  3. リモート・サーバを選択し、[ファイル] - [プロパティ] を選択します。

  4. リモート・サーバの設定を変更し、[OK]をクリックします。

♦  リモート・サーバのプロパティを変更するには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてホスト・データベースに接続します。

  2. ALTER SERVER 文を実行します。

次の文は、RemoteASE という名前のサーバのサーバ・クラスを aseodbc に変更します。サーバのデータ・ソース名は RemoteASE です。

ALTER SERVER RemoteASE
CLASS 'aseodbc';

ALTER SERVER 文は、サーバの既知の機能の有効化または無効化にも使用できます。ALTER SERVER 文を参照してください。