Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » リモート・データとバルク・オペレーション » リモート・データ・アクセスのサーバ・クラス » ODBC ベースのサーバ・クラス

 

サーバ・クラス aseodbc

サーバ・クラス aseodbc のサーバは Sybase SQL Server と Adaptive Server Enterprise (バージョン 10 以降) のデータベース・サーバです。クラスが aseodbc のリモートの Adaptive Server Enterprise サーバに接続するには、SQL Anywhere に Adaptive Server Enterprise ODBC ドライバと Open Client 接続ライブラリのインストールが必要ですが、パフォーマンスは、asejdbc クラスの方が優れています。

注意
  • Open Client はバージョン 11.1.1、EBF 7886 以降が必要です。Open Client をインストールして Adaptive Server Enterprise サーバへの接続を検証してから、ODBC をインストールして SQL Anywhere を設定してください。Sybase ODBC ドライバはバージョン 11.1.1、EBF 7911 以降が必要です。

  • quoted_identifiers オプションのローカル設定は、Adaptive Server Enterprise の引用符付き識別子の使用を制御します。たとえば、quoted_identifiers オプションをローカルで Off に設定すると、Adaptive Server Enterprise に対して引用符付き識別子がオフになります。

  • [Configuration Manager] でユーザ・データソースを次の属性で設定します。

    • [General] タブ   [Data Source Name] に任意の値を入力します。この値は、CREATE SERVER 文の USING 句に使用されます。

      サーバ名は Sybase interfaces ファイルにあるサーバ名と一致させてください。

      interfaces ファイルの詳細については、interfaces ファイルを参照してください。

    • [Advanced] タブ   [Application Using Threads] オプションと [Enable Quoted Identifiers] オプションを選択します。

    • [Connection] タブ   [charset] フィールドを、SQL Anywhere の文字セットに一致するように設定します。

      [language] フィールドを、エラー・メッセージを表示したい言語に設定します。

    • [Performance] タブ   [Prepare Method]「2-Full」 に設定します。

      最高のパフォーマンスを得るには、[Fetch Array Size] をできるだけ大きな値に設定します。これはメモリ内にキャッシュされるローの数なので、この値を大きくすると必要なメモリ量が増大します。Adaptive Server Enterprise では 100 の値を使用することをおすすめします。

      [Select Method]「0-Cursor」 に設定します。

      [Packet Size] をできるだけ大きな値に設定します。Adaptive Server Enterprise では -1 の値を使用することをおすすめします。

      [Connection Cache] を 1 に設定します。

データ型変換:ODBC と Adaptive Server Enterprise

CREATE TABLE 文を発行するときに、SQL Anywhere は、データ型を対応する Adaptive Server Enterprise のデータ型に自動的に変換します。次の表に、SQL Anywhere から Adaptive Server Enterprise へのデータ型変換を示します。

SQL Anywhere データ型 Adaptive Server Enterprise のデフォルト・データ型
BIT bit
TINYINT tinyint
SMALLINT smallint
INT int
INTEGER integer
DECIMAL [デフォルトは p=30 s=6] numeric(30,6)
DECIMAL(128,128) サポートされていない
NUMERIC [デフォルトは p=30 s=6] numeric(30,6)
NUMERIC(128,128) サポートされていない
FLOAT real
REAL real
DOUBLE float
SMALLMONEY numeric(10,4)
MONEY numeric(19,4)
DATE datetime
TIME datetime
TIMESTAMP datetime
SMALLDATETIME datetime
DATETIME datetime
CHAR(n) varchar(n)
CHARACTER(n) varchar(n)
VARCHAR(n) varchar(n)
CHARACTER VARYING(n) varchar(n)
LONG VARCHAR text
TEXT text
BINARY(n) binary(n)
LONG BINARY image
IMAGE image
BIGINT numeric(20,0)