Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベース・パフォーマンスのモニタリングと改善 » データベース・パフォーマンスの改善 » パフォーマンス向上のためのヒント

 

オートコミット・モードをオフにする

アプリケーションが「オートコミット・モード」で実行されている場合、SQL Anywhere は各文を別々のトランザクションとして扱います。これは、各コマンドの最後に COMMIT 文を付加して実行するのと同じ効果があります。

オートコミット・モードで実行する代わりに、コマンドをグループ分けして各グループが 1 つの論理タスクを実行するようにします。オートコミットを無効にする場合は、コマンドの各論理グループの後に明示的にコミットを実行してください。また、論理トランザクションが大きい場合は、ブロッキングとデッドロックが発生する可能性があることに注意してください。

トランザクション・ログ・ファイルを使用していない場合、オートコミット・モードを使用するコストは高くなります。各文の終わりで、チェックポイントが強制的に実行されます。チェックポイントとは、多数の情報ページをディスクに書き込む操作です。

各アプリケーション・インタフェースには、オートコミット動作を設定する独自の方法があります。Open Client、ODBC、JDBC インタフェースでは、オートコミットはデフォルトの動作です。

オートコミットの詳細については、オートコミットまたは手動コミット・モードの設定を参照してください。