Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベースの作成 » データベース・オブジェクトの使用 » 通常のビューの操作

 

通常のビューの作成

通常のビューの作成時に、データベース・サーバはビュー定義をデータベースに格納します。ただしビューのデータは格納されません。ビュー定義は、そのビュー定義が参照される場合で、かつそのビューの使用中のみ実行されます。つまり、ビューの作成時は、データベースに重複したデータを格納する必要がありません。

♦  新しい通常のビューを作成するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で [ビュー] を右クリックし、[新規] - [ビュー] を選択します。

  3. ビュー作成ウィザードの指示に従います。

  4. 右ウィンドウ枠で、[SQL] タブをクリックし、定義のコードを編集します。変更を保存するには、[ファイル] - [保存] を選択します。

♦  新しい通常のビューを作成するには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. データベースに接続します。

  2. CREATE VIEW 文を実行します。

この項のはじめに示した、SELECT 文の結果を含む DepartmentSize ビューを作成します。

CREATE VIEW DepartmentSize AS
   SELECT DepartmentID, COUNT(*)
   FROM Employees
   GROUP BY DepartmentID;

CREATE VIEW 文を参照してください。