Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベースの作成 » データベース・オブジェクトの使用 » 通常のビューの操作

 

システム・テーブル・データの表示

システム・テーブル内のデータは、システム・ビューを問い合わせた場合だけ表示できます。システム・テーブルを直接問い合わせることはできません。いくつかの例外を除いて、各システム・テーブルには対応するビューがあります。

システム・ビューにはシステム・テーブルに似た名前が付けられていますが、先頭の「I」はありません。たとえば、ISYSTAB システム・テーブルのデータを表示するには、SYSTAB システム・ビューを問い合わせます。

SQL Anywhere に用意されているビューのリストと、それらに格納されている情報の種類に関する説明については、システム・ビューを参照してください。

システム・ビューのデータは、Sybase Central または Interactive SQL を使ってブラウズできます。

♦  システム・ビューを使用してシステム・テーブルのデータを表示するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[ビュー] をダブルクリックします。

  3. システム・テーブルに対応するビューを選択します。

  4. 右ウィンドウ枠で、[データ] タブをクリックします。

♦  システム・ビューを使用してシステム・テーブルのデータを表示するには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. システム・テーブルに対応するシステム・ビューを参照する SELECT 文を実行します。

ISYSTAB システム・テーブル内のデータを表示したいとします。このテーブルを直接問い合わせることはできないため、次の文では、対応する SYSTAB システム・ビュー内のすべてのデータが表示されます。

SELECT * FROM SYS.SYSTAB;

システム・テーブル内に存在するカラムが、対応するシステム・ビュー内に存在しないことがあります。特定のビューの定義を含むテキスト・ファイルを抽出する文の例を次に示します。

SELECT viewtext
FROM SYS.SYSVIEWS
WHERE viewname = 'SYSTAB';
OUTPUT TO viewtext.sql
FORMAT TEXT
ESCAPES OFF
QUOTE '';