Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベースの作成 » データベース・オブジェクトの使用 » テーブルの操作

 

テーブルの作成

データベースが最初に作成されたときのデータベース内のテーブルは、データベース・スキーマの入ったシステム・テーブルだけです。Interactive SQL や Sybase Central で SQL 文を使用して、データを保持する新しいテーブルを作成できます。

作成できるテーブルのタイプは次の 2 つです。

  • ベース・テーブル   永続的なデータを保管するテーブルです。テーブルとそのデータは、それらを明示的に削除しないかぎり存在し続けます。テンポラリ・テーブルやビューと区別するため、これをベース・テーブルと呼びます。

  • テンポラリ・テーブル   テンポラリ・テーブルのデータは、単一の接続に対してだけ保持されます。グローバル・テンポラリ・テーブルの定義は、それが削除されないかぎりデータベースに保持されます (データはこのかぎりではありません)。ローカル・テンポラリ・テーブルの定義とデータは、単一の接続の間だけ存在します。テンポラリ・テーブルの操作を参照してください。

テーブルはローとカラムで構成されます。各カラムは電話番号や名前など情報の種類を特定し、各ローはデータのエントリを保持します。

♦  テーブルを作成するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で [テーブル] を右クリックし、[新規] - [テーブル] を選択します。

  3. テーブル作成ウィザードの指示に従います。

  4. 右ウィンドウ枠で [カラム] タブをクリックして、テーブルを設定します。

  5. [ファイル] - [保存] を選択します。

♦  テーブルを作成するには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. CREATE TABLE 文を実行します。

次の文は、会社内の従業員のスキル・レベルを記述するテーブルを新しく作成します。テーブルには、各スキルの ID 番号、名前、種別 (technical または administrative) のカラムが作成されます。

CREATE TABLE Skills (
   SkillID INTEGER NOT NULL,
   SkillName CHAR( 20 ) NOT NULL,
   SkillType CHAR( 20 ) NOT NULL
);

CREATE TABLE 文を参照してください。