Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » ストアド・プロシージャとトリガ » プロシージャ、関数、トリガ、イベントのデバッグ

 

ブレークポイントの活用

ブレークポイントでは、デバッガがソース・コードの実行を中断するタイミングを制御します。

[デバッグ] モードで実行中に、接続がブレークポイントに到達した場合、その動作は選択した接続によって変わります。

  • 接続を選択していない場合は、接続は自動的に選択され、プロシージャのソースが表示されてデバッグされます。

  • 接続が選択済みで、その接続がブレークポイントに到達した接続と同じである場合は、プロシージャのソースが表示されてデバッグされます。

  • 接続は選択済みであるが、その接続がブレークポイントに到達した接続とは異なる場合、ウィンドウが開き、ブレークポイントに到達した接続に変更するように求めるメッセージが表示されます。


ブレークポイントの設定
ブレークポイントの有効化と無効化
ブレークポイント条件の編集