Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » リモート・データとバルク・オペレーション » データのインポートとエクスポート

 

バルク・オペレーションのパフォーマンスの側面

バルク・オペレーションのパフォーマンスは、オペレーションがデータベース・サーバの内部と外部のどちらに対するものかなどの要因によって決まります。

内部バルク・オペレーション

内部バルク・オペレーションは、LOAD TABLE および UNLOAD 文を使用してデータベース サーバによって実行されるインポートおよびエクスポート操作であり、サーバ側バルク・オペレーションとも呼ばれます。

内部バルク・オペレーションを実行する場合は、ASCII テキスト・ファイルまたは Adaptive Server Enterprise の BCP ファイルからロードしたり、これらのファイルにアンロードすることができます。これらのファイルは、データベース サーバと同じコンピュータに存在することも、クライアント・コンピュータに存在することもできます。書き込みまたは読み込み対象のファイルのパスは、データベース・サーバからの相対パスとして指定します。内部バルク・オペレーションは、データベースのデータのインポートおよびエクスポート方法としては最速です。

外部バルク・オペレーション

外部バルク・オペレーションは、INPUT および OUTPUT 文を使用して Interactive SQL などのクライアントによって実行されるインポートおよびエクスポート操作であり、クライアント側バルク・オペレーションとも呼ばれます。クライアントが INPUT 文を発行すると、INPUT 文で指定されたファイルの処理時に読み込まれた各ローに対して、トランザクション・ログに INSERT 文が記録されます。このため、クライアント側ロードはサーバ側ロードよりかなり遅くなります。また、INPUT 中に INSERT トリガが起動されます。

OUTPUT 文により、SELECT 文の結果セットを複数の異なるファイル・フォーマットで書き出すことが可能になります。

外部バルク・オペレーションの場合、読み込みまたは書き込み対象のファイルのパスは、クライアント・アプリケーションが実行されているコンピュータからの相対パスとして指定します。

参照