Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データのクエリと変更 » ジョイン:複数テーブルからのデータ検索 » クロス・ジョイン

 

カンマ

カンマはジョイン操作とは異なりますが、似た役割を持っています。カンマは、CROSS JOIN キーワードとまったく同じ直積を作成します。ただし、JOIN キーワードはテーブル式を生成しますが、カンマはテーブル式のリストを生成します。

次は、2 つのテーブルの簡単な内部ジョインの例です。この例では、カンマと CROSS JOIN キーワードは同義です。

SELECT *
FROM A CROSS JOIN B CROSS JOIN C
WHERE A.x = B.y;

および

SELECT *
FROM A, B, C
WHERE A.x = B.y;

通常は、カンマをキーワード CROSS JOIN の代わりに使用できます。カンマを使用したテーブル式に含まれる生成されたジョイン条件を除いて、カンマ構文はクロス・ジョイン構文と同義です。

生成されたジョイン条件でカンマがどのように機能するかについては、テーブル式のキー・ジョインを参照してください。

スター・ジョイン構文の場合、カンマには特殊な用途があります。詳細については、ジョインで重複する相関名 (スター・ジョイン)を参照してください。